新・呪い屋零3 淫夢迷宮
新・呪い屋零3 淫夢迷宮
新・呪い屋零3 淫夢迷宮

著者 斐芝嘉和(作) / 高浜太郎(画)
出版社名 キルタイムコミュニケーション
レーベル 二次元ドリームノベルズ
販売日 2010年03月29日
シリーズ名 新・呪い屋零
ジャンル
おもらし レズ/女同士 母乳 調教 露出 アナル

☆全部見たい方はこちら☆

作品内容

奪われた””ZERO””を取り戻すべく、
青龍たちの潜伏している街へとやってきた「呪い屋」佐々木零。

しかし青龍の腹心ジョスリンとの戦いにおいて、
虚を衝かれて敗れ、彼女は意識を失ってしまう。

——そして目覚めた時から始まった悪夢。

同じ街。同じ人々。同じ景色の中で零は、メイド、レオタード、
全裸、犬、様々な格好をさせられて辱めの限りを尽くされる。

失禁、手コキ&フェラチオ奉仕、輪姦陵辱——そして触手責め。
絶頂につぐ絶頂に意識が霞んでいく女呪術師。
「おかしい」と分かってはいる。
しかし身体は、意識は、自由にならない。
催眠暗示という見えない糸に操られる人形そのもの。

さらにはかつての同僚であった巫女姿の巨乳少女・御影を、
淫術を使った触手責めにより陵辱の餌食としてしまうのだった。

既視感の中で果てしなく繰り返される淫宴に、
女退魔師の理性は擦り潰されていく……。

新・呪い屋零3 淫夢迷宮
新・呪い屋零3 淫夢迷宮
新・呪い屋零3 淫夢迷宮

☆全部見たい方はこちら☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です